現代の薬の恩恵と副作用

現代の薬の恩恵と副作用について。

都内の病院に勤務している医療職の者です。
昔に比べ、現代はかつて治療不可能といわれていた疾患についても研究が進み、その治療のための薬や治療法がどんどん開発されています。

 

超高齢社会が懸念されていますが、それはこの治療技術の進歩の恩恵を受けた結果です。
そんな薬にも、残念ながら利点ばかりでないことはどなたもご存知かと思います。

 

そのひとつが、薬の副作用です。
副作用とは、本来期待される作用のほかに生じてしまう別の作用のことで、多くは服用者にとってマイナスに作用する現象のことを指します。

 

薬には、ひとつだけの性質をもつものはほとんどないといっても過言ではなく、いろいろな性質を持つ中で、
患者様が悩まされている症状に対して効果があるものを使用していることが多く、その結果その症状の緩和だけではなく、
ほかの器官に対しても作用が働いてしまうのです。バイアグラジェネリック

 

副作用には影響が大きいもの、小さいものいろいろあります。影響が大きいものとしては全身性ショック、
重度の肝障害、急性腎不全、再生不良性貧血、横紋筋融解症など、
取り返しがつきにくい重大な疾患を引き起こしてしまうものがあります。

 

そんな副作用に悩まされないために、わたしたち一般人ができることはなんでしょうか。
それは、当たり前のことではありますが、「不要な薬は必要以上に服用しない」ことです。

 

そして、医師や薬剤師の指示を必ず守ることです。患者さんが感じる痛みや不調は、ご本人にしかわかりません。
でも、薬に感しては、医師や薬剤師がエキスパートなのです。

 

その薬を飲むことで、服用した方の体内でどんな作用が起こるのかを把握できているのは、彼らなんです。
もしもその薬を指示されたとおりに飲んでも効果がわからなかったり、逆に違う症状が出てきたという場合には、
必ずエキスパートに相談してください。ピル値段

 

たまに「量を増やせば効くのではないか」と考え、自己判断で服用量を変えてしまう方もいらっしゃいますが、
そんなことを続けているうちに気づかないところで違う臓器への負担が増してしまっているかもしれません。

 

長期的にみると、それはとても恐ろしいことです。
健康な身体を保つ秘訣、それは病気にならない身体づくりはもちろんですが、薬へ依存しすぎない治療も大事なのです。

ある病気を治すために、薬を服用して改善させることが多いと思いますが、このことについて、
幾分抵抗を感じられる方も中にはいらっしゃるのではないかと思います。

 

1つの病気を改善させるためにあるお薬を服用しても、そのお薬から副作用が起これば、
さらにその副作用を抑えるたのお薬を飲まなくてはいけない場合などがあるからではないでしょうか。

 

そのようなお薬の負の連鎖が続くことで、病気を改善させるという本来のお薬の意味が、なくなってしまうことがあるからかもしれません。
残念ながらこのような例が、全くないとは言い切れませんが、全ての病気に対して、このようなことが起こるとは限らないものでしょう。ピル通販

 

健康のためにお薬を服用することで、きちんと改善する例がほとんどでしょう。
例えば身近な例ですと、タバコの禁煙が挙げられるでしょう。

 

タバコは、自分の努力だけで禁煙しようとすると、かえってストレスが溜まってしまい、とても辛いものでしょう。
その辛さのために、禁煙に失敗してしまったという方の方が、多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

タバコは吸っている人だけでなく、その周りにいる方達にも健康被害を及ぼしてしまうものです。
タバコには、発がん性物質が含まれているのは、皆さんがご存知の通りのことだと思います。

 

そこで禁煙を成功させるために、お薬の力を借りる必要が出てくるのです。病院には、禁煙外来と言うものがあります。
ここでは、医師の治療のもと、正しい方法でお薬を服用しながら、タバコを無理なく禁煙していくことができるのです。

 

タバコが止められない理由の大きな原因には、ニコチンによる中毒症状が挙げられます。
身体の中のニコチンの量が減ってくると、身体がニコチンを要求するようになり、そのかなりの強い欲求から、
またタバコに手を伸ばしてしまうことになってしまうのです。プロペシアジェネリック

 

これが、タバコの深刻な中毒症状の実態です。
しかし、医療の力を借りて薬を服用することで、このニコチンによる強い欲求を、少しずつ解消していくことができるのです。

 

ニコチンに代わる害のない成分を身体の中に取り込むことで、ニコチンを欲する強い欲求を、無理なく逸らすことができるのです。
これは薬を使って健康を改善できる1つの例にしかすぎませんが、健康を取り戻すために薬を服用することは、ほとんどの場合、
大切で必要なものだと言えるのではないでしょうか。

昔の私たちは、和食を中心にした食生活を送っていました。
和食は栄養のバランスが良く、過剰な脂肪や糖分が含まれていませんので、人間の体にはちょうど良い食事だったのです。

 

所が高度成長期以降、海外から色々な食べ物が入って来て、私たちの食生活を席巻するようになりました。
これまで和食を食べ続けて来た人は徐々に海外の食べ物を良く食べるようになり、
人間にとって優れた食事だった和食が食べられないようになって来てしまったのです。

 

海外の食べ物は美味しい物が多いので、多くの人が好んで食べるようになりました。
ですが海外の食べ物は脂肪や糖分が過剰に含まれている物が多く、体の為には決して良いとは言えないのです。レビトラジェネリック

 

和食は洋食よりも作るのに手間が掛かります。
何かと忙しい現代人ですから、和食を作る手間を惜しんで、手軽に作れる洋食を選ぶ人が増えてしまったのです。

 

このようにして我が国では、現在は洋食を食べる人がほとんどになってしまったのです。
洋食を食べる人が増えるにしたがって、それに比例するかのように増えてしまった病気があるのです。

 

それが生活習慣病です。
生活習慣病は糖尿病に代表されるように、生活習慣に因って掛かり易くなる病気です。

 

主に和食を食べている時は生活習慣病にかかる人が少なかったのですが、脂肪分や糖分が多い洋食を食べる人が増えたことで、
生活習慣病も増えてしまったのです。

 

生活習慣病は一度かかってしまったら完治は難しく、一生付き合っていかなくてはいけない病気だと言えます。
生活習慣病にかからないようにするには昔のように和食を主に食べるようにすればいいのですが、今更和食に戻す事は難しいと言えます。

 

ですからせめて栄養のバランスを保つ目的で、サプリメントを摂るようにすればいいのです。
偏った栄養素しか含まれていない洋食の栄養を補うために、サプリメントを飲むのです。

 

食べ物で栄養のバランスを取るには、栄養学などの知識が必要になります。
ですがサプリメントならそのような知識がなくても、栄養のバランスを取る事が出来ます。更年期障害の薬

 

洋食ばかりを食べていると、医療や薬のお世話になる事が多くなってしまいますから、
健康を維持する為にサプリメントが欠かせないと言えるのです。

都内病院のリハビリテーション科に勤務する者です。
当院でのリハビリテーションの対象患者様のなかには、整形外科疾患だけではなく糖尿病や心不全などの内科疾患の方も
体調管理および生活習慣指導などでリハビリに通院されています。

 

そんなリハビリ職の観点から、とくにご高齢の方に試して頂きたい健康維持方法をご紹介いたします。

 

[1.日々の生活習慣]

 

ご高齢になるにつれ、若いころと比べ生活習慣のずれが生じてきます。
とくに定年まで働かれていたような方は、定年後急に仕事がなくなり、日中の活動量が減ります。

 

最初は趣味にあけくれる日々が続いても、20年もすれば体力も落ち外出機会が減っていきます。
そうすると家の中にいる時間が増え、昼寝などするようになる方も多くなります。足のむくみ解消法

 

すると夜になり本格的に寝ようとしてもなかなか寝付けず、寝入っても断眠状態で翌日もだるさが残り、そのうち睡眠に対する恐怖心すら生まれてしまうようです。
朝起き、昼には活動し、夜に寝る、そんなリズムを取り戻すことが身体と心のリズムを戻す手助けになってくれます。

 

[2.適度な運動を心がける]

 

そうはいっても外出機会が減ったところで、なかなかお1人では難しいかもしれません。
そんなときは近所の介護予防教室やデイサービス、趣味活動の集いなどを探されてみてはいかがでしょうか。

 

介護認定を受けられている方は、事業所や担当のケアマネージャーに相談してみてください。
いまのデイサービスは折り紙やカラオケ中心というわけではなく、比較的活動度が高い方たちが集まり、
スポーツジムのような施設で運動指導員のアドバイスのもと、それぞれのニーズに合ったメニューの実践などを行う施設もできてきました。

 

[3.必要な時は医療と薬の手助けを]

 

最後に、忘れていけないのは医療と薬に助けてもらうことです。
どうも調子が悪いといっても、寝ていれば治るからと病院にもかからず、気づけば寝たきり状態になってしまったという方の話もたびたび耳にします。

 

なにか不調がある、いつもと何かが違うと感じたら、早いうちに一度医師の診察を受けてみてください。
以上、とくに費用が掛かることもなく、意識次第で変えていけると思われるものについてご紹介いたしました。白内障目薬can-c

 

もちろん、それぞれの方によって向き不向きはあると思いますが、このなかの1つでも頭の片隅に置いて頂ければ幸いです。

一時期、「何だか最近胃の調子が悪いな」ということが続きました。食いしん坊にもかかわらず、
食欲もいつもより湧かないし、外食をすると胃が重くて仕方がないのです。

 

そんなある日、普段感じないような強い痛みを胃に感じました。
それほど変なものを食べた記憶もなく、なぜだろう…と考えたのですが、ふと、皮膚科関連の治療で1年くらい飲み続けている薬のせいではないか
、と思い当たりました。

 

以前も、飲み始めて数日で胃が痛くなり、病院の担当医に相談して薬を変え、胃薬を処方してもらったことがあったのです。
それで、今回も、薬が原因ではないかと考えたのです。

 

それで、皮膚科の担当医のところに行き、症状を訴えました。
担当医は「おかしいですねえ、そんなに強い薬でもないし、もう1年くらい飲んでいるのに今まで大丈夫だったですしねえ。」と、首をかしげます。

 

でも、他に原因が思い当たらないんです、と訴えて、とりあえず飲み薬はお休みして胃薬を処方してもらいました。
薬を止めて1週間くらい経つと、徐々に胃の具合も落ち着いてきて大分良くなってきました。偏頭痛薬

 

やはり、薬が原因だったのかな、薬の効果が抜けるまで1週間…結構かかるんだな、と思いました。
それから、「自分の『 おかしい』という感覚は間違っていなかった」と、変な自信が出てきました。

 

その薬のおかげで、塗り薬だけではなかなか良くならなかった症状が割と落ち着いている、という事実があるので難しいとは思いますが、
できれば飲み薬は止めたいな、と改めて感じました。

 

一番良いのは、健康な体で、病院や薬にお世話にならずに過ごせることだと思います。
しかし、どうしても一生病院や薬のお世話にならずにいることは、本当に難しいと思います。

 

健康を害した時、病院で医師の診断を受け、症状を和らげる・治療するために適切な薬を処方してもらうことになりますが、
ある人には大丈夫だった治療や薬も、他の人には全然ダメで、かえって支障が出ることもあると思うのです。

 

そんな時、自分自身の体で感じた「おかしい」という感覚を大切にして、医師に伝えていくことは大切だな、と感じます。